私と彼を繋ぐ低用量ピル|避妊薬で仲良しカップル

ピルの種類

避妊薬とは、その名の通り妊娠を回避する為に用いられる経口内服する事によりその効果を得る事が出来るとされ、その種類は多数存在し、計画的に内服する事を必要とし国内では主流となる低用量ピルは細分化する事ができ、一相性や三相性が有り含有されるホルモン量が一定のものから三段階に用量が変化するものとがあり、基本投薬周期を21日間とし毎月の継続投与により効果を発揮する事が出来ます。
又は、緊急避妊薬が有り万一避妊に失敗した際に72時間以内に内服する事を必要とするもので低用量ピルと異なるのは体への負担が大きいので常用する事は出来ず、あくまでも避妊に失敗した際や性犯罪の被害者となって際等に用いられるものとなります。
どちらも共通して言える事は決められた内服方法を守る事でほぼ確実に妊娠を回避する事が出来る点であり、妊娠率を示すPI指数は1%以下となり確率を残すのは飲み間違いや忘れた際に起こる可能性と考えられ、コンドームによる避妊具は男性の方が使用するものですが避妊薬は男性に依存する事無く女性の方の意思により自ら回避する事が出来るものとなります。
計画的な内服を必要とする低用量ピルには、マーベロンやトリキュラーがあり上述した様に前者を一相性、後者を三相手性とする事ができ、飲み間違いの観点からするとマーベロンは優れており、錠剤毎に用量の変化が無いので飲み間違える事が無く安定した避妊効果を期待する事が出来ます。
一方の三相性トリキュラーは三段階の用量変化が有り、これはより女性の方のホルモン分泌に似せる為に用量を変える事で内服時に起こる悪心等の不快な副作用を軽減させる事が出来ます。
どちらも避妊の効果が異なる事は無いので例えば飲み間違いを起こしたくない方や初めての内服となる方は一相手性、飲み慣れていて副作用を減らしたい方には三相性とする事も出来ます。
マーベロン等には避妊以外にも副効用として月経周期に支障が起こる不順や月経痛の緩和をする事やホルモンの乱れにより起こる肌荒れを改善する事も出来るので本来のも目的以外でも用いる事ができ、女性の方のQOLを向上させてくれるホルモン剤となります。

避妊薬とは逆に妊娠を望んでいるのに中々子宝に恵まれない夫婦も世界中には多くいます。
その中でも日本は不妊大国と呼ばれており、多くの方が検査や治療を受けてます。それはやはり晩婚化が進んだせいでもあります。
現在ではクロミッドと呼ばれる排卵誘発剤が治療に多く用いられます。薬の成分によって排卵を促す効果を与えます。実際に排卵率も上がり、それによって妊娠に成功したと言う事例も多く実証されています。
またクロミッドは通院する必要もなく自宅で出来る不妊治療であり、働く女性にとっても嬉しい薬でもあります。
そして女性だけでなく男性も服用することもでき、男性の場合ですと精子量が増える効果があります。